北朝鮮、コロナ警戒を強化 平壌市民も全員マスク着用
本映像はログイン後にご覧いただけます

北朝鮮、コロナ警戒を強化 平壌市民も全員マスク着用  北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は27日、南西部開城市で新型コロナウイルス感染が疑われる事例が発生したと党が発表したのを受け、「防疫危機」打開へ、警戒を強化するよう国民に訴えた。 27日は朝鮮戦争(1950~53年)の休戦協定締結67周年の記念日で、北朝鮮は休日。平壌市内では「戦勝」を祝うスローガンや国旗が掲げられたが、市民らは例外なくマスク姿だった。  <映像内容>北朝鮮の平壌市内の雑観、撮影日:2020(令和2)年7月27日、撮影場所:北朝鮮平壌

タグ 北朝鮮 朝鮮労働党機関紙 労働新聞 開城市 新型コロナウイルス 防疫危機 朝鮮戦争 休戦協定締結67周年 平壌 コロナ警戒 スローガン マスク姿 マスク着用 休戦協定 休戦協定締結 全員マスク 全員マスク着用 北朝鮮平壌 南西部開城市 平壌市内 平壌市民 新型コロナウイルス感染 朝鮮労働党

映像情報

撮影日
2020/07/27
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
00分53秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4