「新華社」手織りじゅうたんで世界に羽ばたくチベット族の女性たち
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」手織りじゅうたんで世界に羽ばたくチベット族の女性たち 中国チベット自治区ラサ市では、チベット族の女性たちが手織りじゅうたんを制作する公益プロジェクトに参加することで、貧困からの脱却を実現している。こうした取り組みは「ママの手作り」プロジェクトと呼ばれている。市内の民家に十数人が集まり、色とりどりの美しいじゅうたんを編んでいく。婦人組織を母体とする合作社(協同組合)を設立し、手作りの工芸品を制作することで、貧困女性の就業や起業につなげている。合作社は現在、米飲料大手ペプシコなど著名ブランドと提携し、若者向けの製品開発に取り組んでいる。伝統技術を現代風にアレンジすることで、若い世代の取り込みを狙う。「ママの手作り」プロジェクトはチベット族の女性たちにとって、新たな収入源となっている。(記者/唐弢、王炳坤)<映像内容>手織りじゅうたんの制作の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ チベット族 貧困脱却 民族文化 じゅうたん アレンジ チベット自治区 チベット自治区ラサ市 ブランド プロジェクト ペプシコ 中国チベット自治区 中国チベット自治区ラサ市 伝統技術 公益プロジェクト 協同組合 取り組み 取り込み 大手ペプシコ 婦人組織 手織りじゅうたん 米飲料大手 色とりどり 若い世代 製品開発 貧困女性 飲料大手 飲料大手ペプシコ

映像情報

撮影日
2020/07/24
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
HD
フレームレート
25fps
再生時間
00分26秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4