「新華社」太行山麓の農家、「林+薬+観光」方式で収入増河北省邯鄲市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」太行山麓の農家、「林+薬+観光」方式で収入増河北省邯鄲市 太行山脈の東麓に位置する中国河北省邯鄲市渉県はここ数年、林業と中医薬材料の栽培を両立した上で観光産業を発展させ、農家の収入増につなげている。現地の林業・中医薬材料栽培拠点の責任者によると、リンゴやモモ、スモモなどの果樹の下に、サイコ(柴胡)やヤカン(射干)など中医薬材料となる植物を植えている。果実が熟す時期には摘み取り体験もできる。栽培面積1ムー(約667平方メートル)当たりの収入はかつて約300元(1元=約15円)だったが、今では千元近くになることもある。同県では現在、林業・中薬材の複合栽培を行っている農地が5万5千ムー(約3667ヘクタール)に達している。果物狩りや農村ツアーなどの観光プロジェクトも人気を集め、農業経済の質の高い発展を促進している。(記者/岳文婷)<映像内容>中医薬材料の栽培、収穫の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 空撮 風景 景観 農業 中医薬 材料 栽培 収穫 プロジェクト 中国河北省 中国河北省邯鄲市 医薬材料 医薬材料栽培 太行山脈 太行山麓 材料栽培 材料栽培拠点 林業中薬 果物狩り 栽培拠点 栽培面積 河北省邯鄲市 河北省邯鄲市渉県 複合栽培 観光プロジェクト 観光産業 農村ツアー 農業経済 邯鄲市渉県 高い発展

映像情報

撮影日
2020/07/23
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分36秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4