「新華社」中国、チベット高原で100メートル超の湖底コア掘削に初成功
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」中国、チベット高原で100メートル超の湖底コア掘削に初成功 中国の科学研究チームは21日午後3時、水上掘削作業用プラットフォームを利用して、チベット自治区ナムツォ(納木錯)湖中心部の水深95メートル地点で長さ100・63メートルの湖底コアの採取に成功した。全体のコア採取率は98%に達している。中国がチベット高原の標高が高く水深の深い大型湖で、100メートルを超える湖底コアを採取したのは今回が初めてで、深い湖沼におけるサンプル採取の進展を成し遂げた。湖底コアは湖沼の堆積物で、気体もしくは水中から自然に湖底に沈んで蓄積した物質のことを指す。その物理的、化学的、生物的指標は、当時の堆積環境や気候条件を反映している。今回の湖底コアの採取は、中国の科学者とエンジニアが独自設計したサンプル採取用プラットフォームや掘削システムなどを利用しており、中国の湖沼掘削技術の発展にとって重要な意義がある。専門家は、採取した湖底コアサンプルにより過去15万年にわたる青海チベット高原中部の気候環境の変遷が分析できると見ている。(記者/田金文)<映像内容>湖底コアの採取の様子、撮影日:2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 湖底コア 掘削 採取 エンジニア コアサンプル コア掘削 コア採取 サンプル サンプル採取 システム チベット自治区 チベット自治区ナムツォ チベット高原 チベット高原中部 ナムツォ プラットフォーム 堆積環境 掘削システム 掘削作業 掘削技術 気候条件 気候環境 水上掘削 水上掘削作業 湖中心部 湖底コアサンプル 湖底コア掘削 湖沼掘削 湖沼掘削技術 研究チーム 科学研究 科学研究チーム 青海チベット高原 青海チベット高原中部

映像情報

撮影日
2020/07/21
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分03秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4