「新華社」空から眺めた夏の避暑山荘河北省承徳市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」空から眺めた夏の避暑山荘河北省承徳市 中国河北省承徳市にある避暑山荘は、清王朝の離宮で、皇帝は夏の間ここで政務を執った。造営が始まったのは1703(康煕42)年で、面積は564万平方メートル。避暑山荘と周囲の寺院群「外八廟(がいはちびょう)」は、世界に現存する皇室庭園・寺院建築群の中で最大規模を誇る。山荘は中国の地形を模して設計されており、北西部の山岳区、南東部の湖沼区、北部の平野区からなる形状は中国国土の縮図とされる。庭園内には亭、閣、軒、榭(しゃ)、廟など中国古典建築の景観が120カ所余りある。避暑山荘と外八廟は1994年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(記者/駱学峰)<映像内容>避暑山荘の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 空撮 風景 景観 はちびょう ユネスコ 世界文化遺産 中国古典 中国古典建築 中国国土 中国河北省 古典建築 国連教育科学文化機関 寺院建築 庭園寺院 庭園寺院建築 最大規模 皇室庭園 皇室庭園寺院 避暑山荘 避暑山荘河北省

映像情報

撮影日
2020/07/23
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
02分19秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4