「新華社」測位システム「北斗」搭載の設標船、南中国海航海保障センターに配備
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」測位システム「北斗」搭載の設標船、南中国海航海保障センターに配備 中国の設標船「海巡173」号が22日、交通運輸部南中国海航海保障センター広州航標処に正式配備された。同船は排水量2228トンと大型で、中国の交通運輸システムのうち南中国海海区で最も先進的な装備を備えた船となっており、粤港澳大湾区(広東・香港・マカオビッグベイエリア)および南中国海海区におけるブイの設置と保守・整備に充てられる。全長73・3メートル、幅14メートル、設計速度15ノット、航続距離5千カイリで、自動船位保持機能「DP-1」を備えている。衛星測位システム「北斗」を搭載し、北斗地上強化システムから送信される差動補正信号を受信することで、測位精度を1メートル以内に抑えることが可能。「北斗」ショートメッセージ通信機能もサポートしており、船舶の静的・動的データを船舶管理プラットフォームに伝送することもできる。同船はまた、中国の西沙・南沙群島水域の灯台や灯浮標(照明機能を備えたブイ)、ブイなどの航路標識を重点的に巡回検査・整備することで、南中国海における航行への保障能力を向上させる。(記者/田建川)<映像内容>中国の設標船が南中国海航海保障センターに配備、撮影日:2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 設標船 空撮 ドローン サポート システム ショート ショートメッセージ ショートメッセージ通信 センター センター広州 センター広州航 プラットフォーム マカオビッグベイエリア メッセージ メッセージ通信 メッセージ通信機能 中国の交通 中国の交通運輸 中国の交通運輸システム 交通運輸部 交通運輸部南中 交通運輸部南中国海 保守整備 保持機能 保障センター 保障センター広州 保障能力 北斗地上 北斗地上強化 南中国海 南中国海海 南中国海航海 南沙群島水域 国海航海 国海航海保障 地上強化 地上強化システム 巡回検査 巡回検査整備 差動補正 差動補正信号 広州航標 広東香港 広東香港マカオビッグベイエリア 強化システム 検査整備 沙南沙群島水域 測位システム 測位精度 港澳大湾 照明機能 管理プラットフォーム 群島水域 航海保障 航海保障センター 航続距離 航路標識 船舶管理 船舶管理プラットフォーム 衛星測位システム 補正信号 西沙南沙 設計速度 通信機能 運輸システム 香港マカオビッグベイエリア

映像情報

撮影日
2020/07/22
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
00分50秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4