「新華社」直径1300メートル、農作物で描いた太極図内モンゴル自治区
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」直径1300メートル、農作物で描いた太極図内モンゴル自治区 中国内モンゴル自治区アルグン市の室韋(しつい)農牧場の畑に出現した太極図がこのほど、世界記録認証機構(WRCA)から「世界最大の農作物による太極図景観」に認定された。中国とロシアの国境を流れるアルグン川右岸にある農牧場の太極図は直径1301・13メートル、総面積はおよそ133万平方メートルで、太極の陰陽を示す陰の部分は小麦、陽の部分はアブラナで描かれている。(記者/叶紫嫣、張晟)<映像内容>直径1300メートルの太極図の田んぼアート、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 風景 景観 空撮 農業 田んぼアート WRCA アブラナ アルグン アルグン市 世界最大 世界記録 世界記録認証 世界記録認証機構 中国内モンゴル自治区 中国内モンゴル自治区アルグン市 内モンゴル自治区 内モンゴル自治区アルグン市 太極図内モンゴル自治区 太極図景観 認証機構

映像情報

撮影日
2020/07/22
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分30秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4