「新華社」ナン産業が貧困脱却を推進新疆ウイグル自治区
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」ナン産業が貧困脱却を推進新疆ウイグル自治区 中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ファイザバード(伽師)県に昨年11月、集約化・大規模化された敷地面積1万8千平方メートルのナン産業パークが建設された。操業を開始して半年になる同パークは従業員1200人を擁し、1日約30万個のナンを生産する。すでに生産加工から倉庫保管・物流、技能トレーニングから貧困支援・雇用までの全プロセスの産業チェーンを形成している。ナンは小麦粉を発酵させて作るパンの一種で、同自治区には「肉は3日食べなくてもいいが、ナンは1日たりとも欠かせない」ということわざがあるほど、同地の人々の日常的な食事の中で重要な位置を占めている。パークでは市場ニーズに応じ、ナンの種類を当初の2種類から116種類にまで増やしている。自治区以外への販路開拓も積極的に進め、オンライン販売も開始した。現在は電子商取引(EC)業務担当の専門スタッフのほか、配送スタッフ10人と大型配送トラック5台をそろえ、商品を速やかに消費者に届ける体制を整えている。今年4月に着工した建築面積1万1500平方メートルの第2期生産区には、見学エリアと体験エリアも設置される。完成後は、来場者がナン製造の全工程を見学し、おいしい食事を楽しめるだけでなく、実際に生産プロセスを体験することもできる。ナン産業パークはカシュガルなどで成長が著しく、カシュガル地区では2022年までにナン産業で5万人の雇用と年間生産額50億元(1元=約15円)達成を目指している。(記者/高晗)<映像内容>ナンの製造の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ ナン 食品 製造 ことわざ オンライン オンライン販売 カシュガル カシュガル地区 カシュガル地区ファイザバード スタッフ チェーン トレーニング ナン産業 ナン産業パーク ナン製造 ファイザバード プロセス 中国新疆ウイグル自治区 中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区 体験エリア 保管物流 倉庫保管 倉庫保管物流 大型配送トラック 専門スタッフ 市場ニーズ 年間生産 建築面積 技能トレーニング 推進新疆ウイグル自治区 支援雇用 敷地面積 新疆ウイグル自治区 新疆ウイグル自治区カシュガル地区 業務担当 生産プロセス 生産加工 産業チェーン 産業パーク 見学エリア 貧困支援 貧困支援雇用 貧困脱却 販路開拓 配送スタッフ 配送トラック 電子商取引

映像情報

撮影日
2020/07/28
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
HD
フレームレート
25fps
再生時間
01分37秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4