「新華社」北斉時代の芸術の宝庫、響堂山石窟を守って30年河北省邯鄲市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」北斉時代の芸術の宝庫、響堂山石窟を守って30年河北省邯鄲市 中国河北省邯鄲市峰峰鉱区にある響堂山石窟は、北斉時代(550年~577年)の貴重な歴史・文化・芸術遺跡で、国務院により第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。20世紀初頭に甚大な破壊を被り、多くの彫像や浮き彫りが日本や欧米各国に流出したが、現存する石窟には大量の仏像や石経が残され、仏教、建築、彫刻、絵画、中国書道の研究に貴重な資料を提供する芸術の宝庫となっている。響堂山石窟芸術博物館の趙立春(ちょう・りつしゅん)館長は、響堂山石窟の保護に関する研究や文化の発掘に力を注ぎ、石窟の仏像芸術の保護と研究に30年余りを捧げ、国内外の学術界から「趙響堂」と呼ばれている。(記者/高博)<映像内容>響堂山石窟の内観、彫像の展示など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 空撮 中国文化 歴史 芸術 ちょうりつ ちょうりつしゅん りつしゅん 中国書道 中国河北省 中国河北省邯鄲市 仏像芸術 全国重点文物保護単位 北斉時代 国宝重要文化財 堂山石窟 堂山石窟芸術 峰峰鉱区 文化芸術 文化芸術遺跡 欧米各国 歴史文化 歴史文化芸術 河北省邯鄲市 河北省邯鄲市峰峰鉱区 浮き彫り 石窟芸術 石窟芸術博物館 芸術博物館 芸術遺跡 邯鄲市峰峰鉱区 重要文化財 響堂山石窟

映像情報

撮影日
2020/07/29
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
02分04秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4