「新華社」段祺瑞旧居、一般公開を再開河北省の新たな文化観光名所に
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」段祺瑞旧居、一般公開を再開河北省の新たな文化観光名所に 中国河北省石家荘市井陘(せいけい)鉱区にある段家楼は、北洋政府(1912~1928年)の国務総理兼陸軍総長だった段祺瑞(だん・きずい)が1913年に巨額を投じて建てた住居で、総面積は16万平方メートル。華北地方でも保存状態の良い中国・西洋折衷様式の建築群として知られ、百年の歳月を経てもなお当時の風格を保っている。2013年に第7次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、18年には第2次国家工業遺産リストに登録された。同鉱区はここ数年、産業遺跡の保護と開発を資源型都市の転換と発展に向けた重要な足がかりとしており、段家楼を含む歴史的建築物の修復と改善を進めている。段家楼もこのほど修復工事を終え、一般公開を再開したばかりであり、文化クリエイティブや観光などの分野に尽力し、河北省の文化パークの新たな代名詞となるよう努めている。(記者/李継偉)<映像内容>段家楼の外観など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 住居 建築 風景 空撮 外観 だんきずい クリエイティブ 一般公開 中国河北省 中国河北省石家荘市 中国西洋 中国西洋折衷 保存状態 修復工事 全国重点文物保護単位 再開河北省 北洋政府 国務総理 国宝重要文化財 国家工業 国家工業遺産 工業遺産 工業遺産リスト 折衷様式 文化クリエイティブ 文化パーク 文化観光名所 歴史的建築物 河北省石家荘市 河北省石家荘市井 産業遺跡 石家荘市 石家荘市井 石家荘市井陘 祺瑞旧居 華北地方 西洋折衷 西洋折衷様式 観光名所 足がかり 遺産リスト 重要文化財 陸軍総長

映像情報

撮影日
2020/07/29
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分15秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4