「新華社」ビッグデータ産業都市形成へ、データセンター建設進む河北省廊坊市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」ビッグデータ産業都市形成へ、データセンター建設進む河北省廊坊市 中国河北省廊坊市ではこれまでに、ビッグデータ産業への投資額が既に940億元(1元=約15円)を突破し、運用されているデータセンターの面積は190万平方メートルに達している。オンラインサーバーは70万台余りに達し、データ保存サポート能力は同省でトップとなっている。同市で建設中の潤沢国際信息港A-18データセンターは、主要構造部が姿を現し始め、作業員が急ピッチで作業を進めている。2020年末には、潤沢国際信息港クラウドコンピューティングデータセンターA区が全面的に完成する予定。延べ床面積は55万平方メートルで、7万ラックを収容できる。同市では現在、潤沢国際信息港や華為技術(ファーウェイ)廊坊クラウドデータセンター、中国聯通(チャイナユニコム)華北(廊坊)拠点、光環新網の四つの大型データセンターが運用を開始しているほか、10余りのデータセンターが建設中で、中国北方地域で最大規模のクラウドストレージ、クラウドコンピューティング、クラウドサービス拠点となっている。(記者/張碩)<映像内容>ビッグデータ産業都市の形成、データセンター建設の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ IT 科学 技術 建設 オンライン オンラインサーバー クラウド クラウドコンピューティング クラウドコンピューティングデータセンター クラウドサービス クラウドサービス拠点 クラウドストレージ クラウドデータセンター サポート サポート能力 サーバー サービス サービス拠点 ストレージ チャイナユニコム データセンター データセンター建設 データ保存 データ保存サポート データ保存サポート能力 ビッグデータ ビッグデータ産業 ビッグデータ産業都市 ファーウェイ 中国北方地域 中国河北省 中国河北省廊坊市 中国聯通 信息港や 信息港や華為技術 北方地域 国際信息 国際信息港 国際信息港や 大型データセンター 廊坊クラウド 廊坊クラウドデータセンター 延べ床面積 急ピッチ 最大規模 河北省廊坊市 港や華為技術 潤沢国際 潤沢国際信息 産業都市 産業都市形成 華為技術 都市形成

映像情報

撮影日
2020/07/30
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
HD
フレームレート
25fps
再生時間
01分06秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4