「新華社」浙江省建徳市の国宝、南峰塔に生えている古樹を除去へ
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」浙江省建徳市の国宝、南峰塔に生えている古樹を除去へ 中国浙江省建徳市梅城古鎮の対岸に位置する南高峰には、宋代に建てられた南峰塔がそびえている。この塔は7層の密檐(みつえん)式磚塔(せんとう、レンガ塔)で、明代嘉靖25(1546)年に再建され、昨年、中国の全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回、塔を保護するために、塔の頂に生えている古樹を取り除くことになった。記録によると、古樹は100年以上にわたり塔に寄り添って生長してきた。同市林業局の専門家がこのほど、小型無人機を使って木と塔を調査したところ、木の根によって建物にひびが入っており、古塔を保護するには残念ながら古樹を除去する必要があることが分かった。同市文化財保護センターは既に、専門の文化財保護・設計機関を招いて評価を行っており、南峰塔の管理者である浙旅集団とは、最も確実な修復案を模索することで合意している。(記者/鄭夢雨)<映像内容>南峰塔の外観、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 空撮 風景 景観 外観 センター 中国浙江省 中国浙江省建徳市 保護センター 保護設計 保護設計機関 全国重点文物保護単位 同市文化財 同市文化財保護 同市林業 国宝重要文化財 小型無人機 建徳市梅 建徳市梅城古 文化財保護 文化財保護センター 文化財保護設計 明代嘉靖 梅城古鎮 浙旅集団 浙江省建徳市 浙江省建徳市梅 設計機関 重要文化財

映像情報

撮影日
2020/07/30
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分00秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4