「新華社」東中国海の漁解禁に向け準備進む浙江省温州市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」東中国海の漁解禁に向け準備進む浙江省温州市 1年で最も暑い時期とされる「三伏」中の休漁関連規定に基づき、東中国海で8月1日正午から、流し刺し網漁、集魚灯を使った巻き網漁、つぼ網漁などの漁船の操業が解禁されることになった。浙江省温州市洞頭区では、条件を満たした漁船297隻が操業を予定している。安全な出漁を保証するため、同区漁政法執行大隊のスタッフがこのほど、東沙漁港などを訪れ、各漁船の安全上のリスクを点検、排除した。(記者/夏亮、宋立峰)<映像内容>東シナ海の漁解禁前の点検の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 空撮 風景 景観 漁業 休漁 東シナ海 スタッフ 休漁関連 休漁関連規定 同区漁政 執行大隊 東中国海 東沙漁港 浙江省温州市 浙江省温州市洞頭区 温州市洞頭区 関連規定

映像情報

撮影日
2020/07/30
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
SD
フレームレート
25fps
再生時間
01分03秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4