「新華社」アリババクラウド、中国でスーパーデータセンター3カ所落成
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」アリババクラウド、中国でスーパーデータセンター3カ所落成 中国電子商取引(EC)大手アリババグループ傘下の阿里雲(アリババクラウド)は7月31日、江蘇省南通市、浙江省杭州市、内モンゴル自治区ウランチャブ市に建設していたクラウドコンピューティングのスーパーデータセンターが落成したと発表した。順次運用を開始し、計100万台以上のサーバーを稼働させる予定。京津冀(北京市・天津市・河北省)や上海市を中心とする長江デルタ、粤港澳(広東省・香港・マカオ)などの地域をカバーし、新型インフラの建設を加速させる。河北省張家口市張北県と広東省河源市でも既に稼働しており、中国本土ではこれで計5カ所となった。アリババIDC研究開発事業部を率いる高山淵(こう・さんえん)氏によると、スーパーデータセンターでは同社傘下の「達摩院(DAMO)」や「平頭哥半導体(T-Head)」などが開発した最新の研究成果を応用しており、従来型のデータセンターに比べ、規模、計算能力、省エネ、インテリジェント化が一段と進んでいる。将来的には中国本土で10カ所以上展開する方針。既存の5カ所については、自社開発した第3世代クラウドサーバー「神竜(X-Dragon)」やAIチップ「含光800」を活用し、世界をリードする性能を備えると説明した。アリババクラウドは4月、今後3年で2千億元(1元=約15円)を投じ、クラウドOSやサーバーなど重要コア技術の研究開発やデータセンターの建設に力を入れると発表している。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>アリババクラウドのスーパーデータセンターが落成、外観や内観など、撮影日:2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ IT 科学 技術 建設 建物 施設 外観 AIチップ DAMO Dragon Head IDC研究開発 IDC研究開発事業部 さんえん アリババ アリババIDC アリババIDC研究開発 アリババクラウド アリババグループ アリババグループ傘下 インテリジェント インフラ ウランチャブ クラウド クラウドOS クラウドコンピューティング クラウドサーバー コア技術 サーバー スーパー スーパーデータセンター データセンター 中国本土 中国電子商取引 内モンゴル自治区 内モンゴル自治区ウランチャブ 北京市天津市 北京市天津市河北省 同社傘下 哥半導体 大手アリババグループ 大手アリババグループ傘下 天津市河北省 平頭哥半導体 広東省河源市 広東省香港 広東省香港マカオ 張家口市 張家口市張北県 新型インフラ 江蘇省南通市 河北省張家口市 河北省張家口市張北県 浙江省杭州市 研究成果 研究開発 研究開発事業部 自社開発 計算能力 長江デルタ 電子商取引 香港マカオ

映像情報

撮影日
2020/07/31
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分30秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4