小池氏「緊急事態宣言も」 最多463人感染に危機感
本映像はログイン後にご覧いただけます

小池氏「緊急事態宣言も」 最多463人感染に危機感  東京都の小池百合子知事は31日の定例記者会見で、新規感染者が30日の最多を100人近く更新する463人に上った新型コロナウイルスの感染状況について「さらに悪化すると都独自の緊急事態宣言を出さざるを得なくなる」と危機感を示し、宣言回避に向けた感染拡大防止への協力を都民に呼び掛けた。 都内の感染者は30日の367人に続き、2日続けての最多更新。小池氏は都民に向け、不要不急の外出などを控えるよう改めて求め「今年の8月は例年とは違う夏になるが、コロナ対策を緩めてはいけない」と述べた。 <映像内容>小池百合子都知事の定例記者会見、撮影日:2020(令和2)年7月31日、撮影場所:東京都新宿区の東京都庁

タグ 東京都 小池百合子知事 定例記者会見 新規感染者 100人近く更新 463人 新型コロナウイルス 感染状況 緊急事態宣言 感染拡大防止 最多更新 コロナ対策 不要不急 宣言回避 小池百合子 小池百合子都知事 感染拡大 東京都庁 東京都新宿区 緊急事態

映像情報

撮影日
2020/07/31
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
02分18秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4