「新華社」映画「地道戦」のモデルになった村河北省高平村
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」映画「地道戦」のモデルになった村河北省高平村 中国河北省石家荘市正定県の高平村は、1965年に撮影された中国の映画「地道戦(地下道戦)」の舞台となった高家荘のモデルといわれている。同村は正定県の県城(県政府所在地)から北西15キロにあり、1942年冬から村民がゲリラ戦のために掘った全長約15キロの地下道が今も残る。地下道は10戸ごとに一つの出入口が設けられ、内部には各種防衛機能や指揮所のほか、オンドルや厨房、井戸などを完備。防御と攻撃、生活、潜伏、移動に必要な機能を備えていた。規模が大きいことに加え距離も長く、複雑な構造を持ち、優れた作戦遂行能力を持つことから「地下長城」とも呼ばれている。高平村の地下道は1982年、同県の重点文物保護単位(重要文化財)に指定されている。(記者/李継偉)<映像内容>河北省高平村の地下道の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 地下道 オンドル ゲリラ戦 中国河北省 中国河北省石家荘市 作戦遂行能力 保護単位 各種防衛 各種防衛機能 地下長城 政府所在地 文物保護 文物保護単位 村河北省 村河北省高平村 河北省石家荘市 河北省石家荘市正定 河北省高平村 県政府所在地 石家荘市 石家荘市正定 遂行能力 重点文物 重点文物保護 重要文化財 防衛機能

映像情報

撮影日
2020/08/03
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分00秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4