「新華社」前漢の軍事要塞「鶏鹿塞遺跡」の修復が完了内モンゴル自治区
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」前漢の軍事要塞「鶏鹿塞遺跡」の修復が完了内モンゴル自治区 中国前漢時代の重要な軍事要塞だった鶏鹿塞(けいろくさい)遺跡の修復保護プロジェクトが、4年がかりの緊急保護作業を経てこのほど完了した。漢代の北方地域に設けられた軍事要塞の築造技術などを研究する上で重要な役割を果たすと期待される。同遺跡は内モンゴル自治区バヤンノール市磴口(とうこう)県にある。武帝時代(紀元前141~同87年)に築城され、漢代の長城防衛システムの一翼を担った。現存する中国最古の甕城(おうじょう、城門を守るため外側に半円形に築かれた城壁)が残されており、2006年に第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。同遺跡の平面は方形をしており、南壁に1カ所だけ設けられた城門の外側に甕城が築かれている。門の内側には城の最上部へ続く石造りの階段がある。鶏鹿塞の北と南西にはのろし台が設置され、遠距離を隔て呼応していた。遺跡は2千年以上にわたる自然の浸食を受け、城壁が複数の箇所で倒壊するなど損傷が激しかった。そのため国家文物局の許可を得て、2016年10月に修復保護プロジェクトが開始された。修復工事では築城当時の材料と技法を用い、最小限の介入と原型保持の原則を堅持。城壁や甕城、角台、4カ所ののろし台などで補強工事を実施し、築城当時の姿を再現した。(記者/李雲平)<映像内容>軍事要塞「鶏鹿塞遺跡」の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 空撮 風景 中国文化 歴史 おうじょう けいろく けいろくさい そのため そのため国家 そのため国家文物 バヤンノール市 バヤンノール市磴 プロジェクト 中国前漢 中国前漢時代 中国最古 保護プロジェクト 保護作業 修復保護 修復保護プロジェクト 修復工事 全国重点文物保護単位 内モンゴル自治区 内モンゴル自治区バヤンノール市 内モンゴル自治区バヤンノール市磴 前漢時代 北方地域 原型保持 国宝重要文化財 国家文物 完了内モンゴル自治区 武帝時代 築造技術 補強工事 軍事要塞 重要文化財 長城防衛システム 防衛システム 鹿塞遺跡

映像情報

撮影日
2020/08/03
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分04秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4