「新華社」無人店にロボットシェフ、気鋭のブランドが挑む弁当革命
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」無人店にロボットシェフ、気鋭のブランドが挑む弁当革命 中国料理の規格化に取り組む弁当ブランド店「熙香」(シーシャン)を展開する上海熙香投資管理はこのほど、上海市長寧区で無人店舗を開業した。店内で調理を担当するのはロボットだという。同社でメニュー開発を担当する沈毅(しん・き)さんは「ロボットはレシピを覚えれば同じ味つけを保つことができるが、私にはできない」とロボットシェフの利点を語る。沈さんは開発中のメニューを指さして「ロボットには人のように「ひとつまみ」「適量」「とろ火」などの概念がない。食材を何ミリに切る、何分漬ける、調味料は何グラム、スチームオーブンレンジの設定は何度と具体的なデータを示す必要がある。私はレシピの規格化を通じ絶えず最高の味付けを模索している」と語った。沈さんによると「熙香」には現在、千を超えるメニューがある。「無人キッチン」は従来の料理人の在り方に転換圧力をもたらすかもしれないが、同時に更なる創造力を発揮するチャンスも秘めているという。(記者/王黙玲、何曦悦)<映像内容>無人店のロボットシェフ、調理の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ IT 科学 技術 ロボット 食事 調理 ひとつまみ キッチン シーシャン スチームオーブン スチームオーブンレンジ チャンス ブランド メニュー メニュー開発 ロボットシェフ 上海市長寧区 上海熙香 中国料理 弁当ブランド 弁当革命 投資管理 無人キッチン 無人店舗 熙香投資 転換圧力 香投資管理

映像情報

撮影日
2020/08/03
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分35秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4