「新華社」東中国海で漁業が解禁、第一陣の漁船が出漁
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」東中国海で漁業が解禁、第一陣の漁船が出漁 東中国海では1日正午から一部の漁業が解禁となり、第一陣の漁船が出港した。今年は新型コロナウイルスの感染防止を徹底するため「漁船専属コード」が導入され、出漁する漁船は事前の登録が必要となる。船員は個人の健康状態を示すスマートフォン上の健康コードをスキャンした後に、乗船する漁船の船籍証明や個人情報を登録しなければならない。登録を済ませた漁船ごとに出港許可が出される仕組みになっている。中国は海洋漁業資源と生態環境の保護のため夏季休漁制度を設けている。農業部は東中国海などの海域で毎年5月1日から休漁を実施している。(記者/顧小立)<映像内容>東シナ海で一部の漁業が解禁、出漁の様子、撮影日:2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 東シナ海 漁業 漁船 風景 スキャン スマートフォン 休漁制度 個人情報 健康状態 出港許可 夏季休漁 夏季休漁制度 専属コード 感染防止 新型コロナウイルス 海洋漁業資源 漁業資源 漁船専属 漁船専属コード 生態環境 船籍証明

映像情報

撮影日
2020/08/01
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
SD
フレームレート
25fps
再生時間
01分11秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4