うがい薬の使用呼び掛け 大阪知事、コロナ拡大予防の根拠薄く
本映像はログイン後にご覧いただけます

うがい薬の使用呼び掛け 大阪知事、コロナ拡大予防の根拠薄く  新型コロナウイルスの感染が拡大する大阪府の吉村洋文知事と松井一郎大阪市長が4日の記者会見で、市販のうがい薬を示し、発熱症状のある人らにうがいを呼び掛けた。 ただ援用した研究は感染者の唾液のウイルスが減ることを示唆するもので、感染拡大を防ぐ効果を直接示していない。会見後、府の担当者は「エビデンス(根拠)はない」と明言。同席した大阪はびきの医療センターの松山晃文次世代創薬創生センター長も取材に「呼び掛けは政治の判断」とした。<映像内容>吉村知事、松井市長、松山氏らによる記者会見とうがい薬物撮り。※会見後の府担当者、松山氏とのやりとり映像はありません、撮影日:2020(令和2)年8月4日、撮影場所:大阪府大阪市

タグ 新型コロナウイルス 感染拡大 吉村洋文知事 松井一郎大阪市長 記者会見 市販のうがい薬 発熱症状 うがいを呼び掛け エビデンス 医療センター 松山晃文次世代創薬創生センター長 政治の判断 ありません うがい薬物 やりとり やりとり映像 ウイルス コロナ拡大 コロナ拡大予防 センター 吉村洋文 吉村知事 大阪はびきの医療センター 大阪市長 大阪府大阪市 大阪知事 府担当者 拡大予防 晃文次世代 晃文次世代創薬 松井一郎 松井市長 松山晃文 松山晃文次世代 次世代創薬 次世代創薬創

映像情報

撮影日
2020/08/04
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
02分31秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4