「新華社」空から見た普楽寺河北省承徳市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」空から見た普楽寺河北省承徳市 河北省承徳市にある普楽寺は円亭子とも呼ばれる。清の乾隆31(1766)年の創建で、敷地面積は2万4千平方メートル。同市に残る清朝の離宮「避暑山荘」を取り囲むように配置された寺院群「外八廟(がいはちびょう)」の中でも最も周到に配置された寺院で、前後二つの部分からなる。前部は漢族の伝統的な寺院構造「七堂伽藍(しちどうがらん)」で、後部はチベット仏教の壇城様式となっている。主要な建造物の旭光閣は北京の天壇にある祈年殿を模して建てられたという。(記者/駱学峰)<映像内容>普楽寺の空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 空撮 風景 景観 建築 外観 しちどうがらん はちびょう チベット仏教 七堂伽藍 寺河北省 寺院構造 敷地面積 避暑山荘

映像情報

撮影日
2020/08/04
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
02分03秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4