「新華社」清王朝の輝き伝える金銀工芸河北省遵化市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」清王朝の輝き伝える金銀工芸河北省遵化市 中国清朝の歴代皇帝陵墓群「清東陵」がある河北省遵化市馬蘭峪(ばらんよく)鎮は、清朝皇室の歴史・文化を色濃く残し、金銀器の生産・加工が発達している。300年余りの継承・発展を経て、現在では金銀器の開発・デザイン、生産・加工、販売、展示を集約した文化産業基地が形成されている。馬蘭峪の金銀工芸は、明清金銀器が持つ伝統的な作図や鋳型制作、彫刻などの工芸の神髄を継承しつつも、花糸や象眼など皇室ゆかりの工芸技法を絶えず充実させ、製品の外観に美しさと特徴を添えている。製品は置物、酒器、茶器、食器の4シリーズ260種類余りで構成されており、北京市や天津市、広東省、福建省などに幅広い市場を持つ。韓国やロシア、フランスなどへも輸出されており、地元の雇用をけん引する特色産業となっている。同鎮には現在、金銀器加工企業が80社余りあり、周辺農民3千人余りの雇用の受け皿となっている。(記者/王昆)<映像内容>金銀工芸の生産の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国文化 工芸 芸術 デザイン フランス 中国清朝 加工企業 周辺農民 工芸技法 工芸河北省 工芸河北省遵化市 文化産業 文化産業基地 明清金銀器 歴代皇帝 歴代皇帝陵墓 歴史文化 河北省遵化市 河北省遵化市馬蘭 清朝皇室 清金銀器 特色産業 生産加工 皇帝陵墓 継承発展 遵化市馬蘭 遵化市馬蘭峪 金銀工芸 金銀工芸河北省 鋳型制作 開発デザイン

映像情報

撮影日
2020/08/04
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
50fps
再生時間
01分41秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4