空撮と地上撮 五輪マーク、しばしお別れ 安全点検で約4カ月移動
本映像はログイン後にご覧いただけます

空撮と地上撮 五輪マーク、しばしお別れ 安全点検で約4カ月移動  東京五輪に向けて東京・お台場海浜公園(港区)内の水上に1月から設置されていた五輪マークのモニュメントが6日、来夏への大会延期に伴う安全点検とメンテナンスのため一時的に撤去された。約4カ月で作業を終え、再設置される予定。 モニュメントは大きさが横約33メートル、縦約15メートルで重さ約69トン。製作された横浜市内の工場に運んで一部を解体し、超音波なども使って各パーツの劣化状況などを調べる。設置時は夜間にライトアップするため、内部の配電機器も確認する。 都は当初、今年春ごろに観光名所の高尾山山頂(八王子市)に加え、6月ごろにはパブリックビューイングなどが楽しめる「ライブサイト」会場となる代々木公園(渋谷区)のほか、羽田、成田両空港にもモニュメントを置く計画だったが、延期により見送った。 <映像内容>五輪マークのモニュメントが船で引っ張られ撤去される様子、東京都オリンピック・パラリンピック準備局計画推進部シティドレッシング担当課長の柳清水篤史(やなしみず・あつし)さんのインタビュー、撮影日:2020(令和2)年8月6日、撮影場所:東京都

タグ 東京五輪 お台場海浜公園 五輪マーク 安全点検 メンテナンス 一時的に撤去 柳清水篤史 やなしみず インタビュー オリンピック オリンピックパラリンピック オリンピックパラリンピック準備 シティドレッシング シティドレッシング担当 ドレッシング ドレッシング担当 ドレッシング担当課長 パブリックビューイング パラリンピック パラリンピック準備 モニュメント ライトアップ ライブサイト 代々木公園 八王子市 劣化状況 大会延期 担当課長 東京お台場海浜公園 東京都オリンピック 東京都オリンピックパラリンピック 横浜市内 観光名所 計画推進 配電機器 高尾山山頂

映像情報

撮影日
2020/08/06
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
01分48秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4