「新華社」「ブラックテクノロジー」で杭州アジア競技大会をスマート化
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」「ブラックテクノロジー」で杭州アジア競技大会をスマート化 「スマートアジア競技大会」として期待される杭州アジア競技大会の重点項目ソリューションがこのほど、発表された。スマートコマンド、スマートセキュリティ、スマートライフなど10分野にわたる30のソリューションは、「ブラックテクノロジー」(画期的な先進技術)を利用してアジア競技大会のスマート化を目指す。今回選出された30のソリューションはスマートコマンド、スマートセキュリティー、スマートライフ、スマートパフォーマンス、スマート会場、スマート言語サービス、スマートモビリティー、スマート観戦、革新的技術の応用展示の合計10分野にわたり、ビッグデータ、人工知能(AI)、仮想現実(VR)、モノのインターネット(IoT)、ブロックチェーンなどの先端技術を広く応用する。科学技術により競技の運営効率を高め、選手や観客、観光客に優れたサービスを提供し、競技の見せ方や伝え方を多様化させて、インタラクティブ型や没入型の観戦体験を生み出すことを目的としている。「スマートアジア競技大会」の重点項目ソリューションの募集は2019年9月25日に正式にスタートし、多くのハイテク企業、大学、科学研究機関から合計187の提案が集まった。アジア競技大会組織委員会と関係専門家による複数回の審議を経て選出された30のソリューションは、大会の企画運営の各分野で段階的に運用されるという。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>杭州アジア競技大会の重点項目ソリューションの発表、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 杭州アジア競技大会 ブラックテクノロジー IT 科学 技術 アジア競技大会 アジア競技大会組織委員会 インタラクティブ コマンド サービス スタート スマート スマートアジア競技大会 スマートコマンド スマートセキュリティ スマートセキュリティー スマートパフォーマンス スマートモビリティー スマートライフ スマート会場 スマート化 スマート観戦 スマート言語 スマート言語サービス セキュリティ セキュリティー ソリューション ハイテク ハイテク企業 パフォーマンス ビッグデータ ブロックチェーン モノのインターネット 人工知能 仮想現実 企画運営 先端技術 先進技術 応用展示 研究機関 科学技術 科学研究 科学研究機関 競技大会組織委員会 観戦体験 言語サービス 運営効率 重点項目 重点項目ソリューション 関係専門家 革新的技術 項目ソリューション

映像情報

撮影日
2020/08/10
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
SD
フレームレート
25fps
再生時間
01分40秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4