「新華社」インド南部で旅客機が着陸失敗18人死亡
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」インド南部で旅客機が着陸失敗18人死亡 インド南部ケララ州コーリコードにある空港で7日夜、乗員乗客191人を乗せたエア・インディア・エクスプレスのボーイング737型旅客機が着陸に失敗し、滑走路を大きく外れて大破した。同国民間航空部門責任者によると、この事故でパイロット2人を含む18人が死亡し、127人以上が負傷した。事故を起こした旅客機はこの日、国外のインド人を帰国させるため、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイを出発。機内には子ども10人を含む乗客184人と乗員7人が搭乗していた。現地時間7日午後7時40分(日本時間同11時10分)ごろ、同機はコーリコードの空港に着陸する際に滑走路を大きく外れ、斜面を約9メートル下まで落下した。火災は起きなかった。地元テレビ局の中継映像からは、滑走路を外れて二つに割れた機体や、滑走路上に散乱した残骸が確認できた。事故原因は今のところ明らかになっていないが、報道によると、当時、空港周辺では激しい雨が降っており、悪天候で操縦不能に陥った可能性がある。また、着陸時にランディングギア(降着装置)に問題が起きたとの情報もある。(記者/姜磊)<映像内容>インド南部で旅客機が着陸失敗、事故の様子、大破した機体など、撮影日:2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※一部サイズが小さい動画です。※画質が良くありません。

タグ ボーイング737 着陸 失敗 大破 事故 旅客機 飛行機 被害 アラブ首長国連邦 インド人 インド南部 インド南部ケララ エアインディアエクスプレス コーリコード テレビ局 パイロット ランディングギア 中継映像 乗員乗客 事故原因 南部ケララ 同国民間 同国民間航空 地元テレビ局 日本時間 民間航空 民間航空部門 激しい雨 現地時間 着陸失敗 空港周辺 航空部門 航空部門責任者 部門責任者 降着装置

映像情報

撮影日
2020/08/07
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
SD
フレームレート
25fps
再生時間
01分30秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4