北朝鮮、バス乗車時も消毒 新型コロナで防疫強化
本映像はログイン後にご覧いただけます

北朝鮮、バス乗車時も消毒 新型コロナで防疫強化  新型コロナウイルスが流入した恐れがあるとして一部地域に非常事態を宣言した北朝鮮が、首都平壌での防疫対策を強化している。スーパーなどへの入店時だけでなく、トロリーバスなど公共交通機関の乗車前にも一人一人、手を消毒する対策を取っている。 北朝鮮は7月下旬、新型コロナに感染した疑いのある脱北者が密かに韓国から南西部開城市に戻っていたとして同市を完全封鎖した。ただ、その後、確定診断は伝えられず、感染実態は不明だ。  <映像内容>北朝鮮の平壌の市内雑観、大聖(テソン)百貨店、日常生活でのコロナ予防対策を伝える大型モニター、入店前に消毒と検温、消毒液の散布、北朝鮮は公共の場所でのマスク着用を義務化、トロリーバスでは乗客一人一人が乗車前に手を消毒などの様子、撮影日:2020(令和2)年8月7日、撮影場所:北朝鮮平壌

タグ 新型コロナウイルス 非常事態宣言 北朝鮮 平壌 防疫対策 公共交通機関 手を消毒 脱北者 開城市 感染実態は不明 コロナ予防 コロナ予防対策 スーパー トロリーバス バス乗車 マスク着用 一人一人 一部地域 乗客一人一人 予防対策 北朝鮮平壌 南西部開城市 大型モニター 市内雑観 感染実態 新型コロナ 日常生活 確定診断 防疫強化 非常事態 首都平壌

映像情報

撮影日
2020/08/07
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
01分20秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4