世界新連発に満足感 IPC会長が中間報告
本映像はログイン後にご覧いただけます

世界新連発に満足感 IPC会長が中間報告  国際パラリンピック委員会(IPC)のクレーブン会長は12日、パラリンピックが開催中のリオデジャネイロで記者会見し、今大会の中間報告を行い、陸上や水泳などで100を超える世界記録が連発されている現状に「この4年で競技力の飛躍的な向上が証明された。各大陸に広がるメダルの分布も素晴らしい」と満足感を示した。 入場券販売は190万枚を超え、史上2番目に多かった2008年北京大会を超えた。「大変な盛況ぶりに感銘を受けている。ブラジル国民のエネルギーと情熱が会場に充満している」と述べ、大会後半のさらなる盛り上がりに期待した。 <映像内容>クレーブン会長の記者会見の様子、撮影日:2016(平成28)年9月13日、撮影場所:ブラジル・リオデジャネイロ

タグ 国際パラリンピック委員会 クレーブン会長 パラリンピック リオデジャネイロ 記者会見 中間報告 世界記録 連発 ブラジル IPC会長 エネルギー クレーブン会 ブラジルリオデジャネイロ ブラジル国民 世界新連発 入場券販売 北京大会 盛り上がり

映像情報

撮影日
2016/09/13
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
03分06秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4