「新華社」華北地区の小都市、ワイン産業発展で「中国のボルドー」に
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」華北地区の小都市、ワイン産業発展で「中国のボルドー」に 中国河北省張家口市懐来県はブドウ栽培の「黄金エリア」とされる北緯40度に位置し、千年以上の栽培の歴史を持つ。同県はブドウ産業の優位性と北京に隣接する地理的な強みを生かし、ワイナリーと温泉を柱とする保養・文化観光産業エリアを発展させることで、フランスのワイン産地になぞらえ「中国のボルドー」を目指している。県内にはさまざまなタイプのワイナリーが計39カ所ある。ブドウ生産拠点を拡大し、ワイナリーとの複合効果で観光と保養を一体化した産業チェーンを発展させ、食事と宿泊、交通、観光・買い物・娯楽、学習、保養がそろったワイン文化の一大集積地を形成した。訪れた人はブドウ狩りやワインセラー見学、試飲、醸造体験、工芸品作り、講座受講、展覧会鑑賞、ワイン民宿体験など好みに合うプログラムに参加できる。(記者/秦婧)<映像内容>河北省張家口市懐来県のブドウ栽培の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 空撮 風景 景観 農業 ブドウ チェーン フランス ブドウ栽培 ブドウ狩り ブドウ生産拠点 ブドウ産業 プログラム ボルドー ワイナリー ワインセラー ワインセラー見学 ワイン文化 ワイン民宿 ワイン民宿体験 ワイン産地 ワイン産業 ワイン産業発展 一大集積 中国河北省 中国河北省張家口市 保養文化 保養文化観光産業 展覧会鑑賞 張家口市 張家口市懐来県 文化観光産業 文化観光産業エリア 民宿体験 河北省張家口市 河北省張家口市懐来県 生産拠点 産業チェーン 産業発展 華北地区 複合効果 観光産業 観光産業エリア 観光買い物 観光買い物娯楽 講座受講 買い物娯楽 醸造体験 黄金エリア

映像情報

撮影日
2020/09/11
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
HD
フレームレート
25fps
再生時間
00分48秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4