「新華社」内モンゴル自治区、耕地土壌改良事業に2億元以上投入
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」内モンゴル自治区、耕地土壌改良事業に2億元以上投入 中国内モンゴル自治区農牧庁はこのほど、同自治区で今年、特別資金2億4800万元(1元=約16円)を確保して、アルカリ化土壌の耕地12万2千ムー(約8100ヘクタール)の改良試行事業を行い、普及・複製可能な農地改良モデルを模索することを明らかにした。同自治区では現在、全耕地面積の11・4%に当たる1585万3千ムー(約105万7千ヘクタール)で土壌のアルカリ化が進み、地元の農業生産や生態環境、経済社会発展に影響を与える際立った問題となっている。同自治区は今年、アルカリ化土壌の耕地改良を重要業務と位置付けて推進しており、バヤンノール市の臨河区と五原県、オルドス市ダラト旗、フフホト市トゥムド左旗、通遼市ホルチン左翼中旗で耕地の土壌改良の試行事業を実施している。現在、各試行地区の農作物の生育は順調で、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は10~20%以上増える見込みとなっている。(記者/李雲平)<映像内容>内モンゴル自治区の耕地土壌改良事業、農地の空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ アルカリ化土壌 耕地 農地 農業 空撮 風景 景観 アルカリ オルドス市 オルドス市ダラト旗 ダラト旗 トゥムド左旗 バヤンノール市 フフホト市 フフホト市トゥムド左旗 ホルチン左翼中旗 中国内モンゴル自治区 中国内モンゴル自治区農 内モンゴル自治区 内モンゴル自治区農 内モンゴル自治区農牧 土壌改良 土壌改良事業 改良試行 改良試行事業 普及複製 生態環境 社会発展 経済社会発展 耕地土壌改良 耕地土壌改良事業 耕地改良 耕地面積 試行事業 試行地区 農地改良 農地改良モデル 農業生産 通遼市ホルチン左翼中旗

映像情報

撮影日
2020/09/17
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
HD
フレームレート
25fps
再生時間
00分25秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4