「新華社」中国が初めて独自開発した深水油田群が稼働
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」中国が初めて独自開発した深水油田群が稼働 中国海洋石油集団(CNOOC)はこのほど、中国が初めて独自開発した深水油田群「流花16-2油田群」が完成、稼働したと明らかにした。同油田群のピーク時における年間生産量は350万トンで、自家用車400万台以上の年間ガソリン消費量を満たすことができる。CNOOC関係者によると、同油田群は南中国海の深水海域にあり、同集団が多くのプロジェクト案を研究、検証し、深水海域での油井掘削や水中スマート油井の完成、深水海域の流動についての安全保障など、難題を次々と解決した上で、石油ガス田水中生産システム開発モデルの総合設計と設置工事を初めて独自に行った。同油田群の水中生産システムは、クリスマス・ツリーと呼ばれる安全装置や海底ケーブル、アンビリカルケーブル、遠隔操作システム、海底パイプ、柔軟ホースなどで構成され、ほとんどの水中生産装置は中国で初めて使われた。同関係者によると、今回の油田群の完成、稼働により、中国が独自の知的財産権を持つ深水石油ガス田の開発プロジェクトにおける技術体系がさらに整備された。<映像内容>中国が独自開発した深水油田群「流花16-2油田群」が稼働、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国 独自開発 油田 石油 南シナ海 空撮 CNOOC CNOOC関係 アンビリカルケーブル ガス田水中 ガス田水中生産 ガソリン ガソリン消費 クリスマスツリー システム システム開発 システム開発モデル スマート スマート油井 ピーク時 プロジェクト 中国海洋石油 中国海洋石油集団 南中国海 安全保障 安全装置 年間ガソリン 年間ガソリン消費 年間生産量 技術体系 水中スマート 水中スマート油井 水中生産 水中生産システム 水中生産システム開発 水中生産装置 油井掘削 海底ケーブル 海底パイプ 深水油田 深水海域 深水石油 深水石油ガス田 生産システム 生産システム開発 生産システム開発モデル 生産装置 知的財産権 石油ガス田 石油ガス田水中 総合設計 自家用車 設置工事 遠隔操作 遠隔操作システム 開発プロジェクト

映像情報

撮影日
2020/09/23
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
HD
フレームレート
25fps
再生時間
00分59秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4