Madelaine Böhme - Palaeontologist at the University of Tübingen
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

Madelaine Böhme - Palaeontologist at the University of Tübingen 15 October 2020, Baden-Wuerttemberg, Tübingen: Madelaine Böhme, paleontologist at the University of Tübingen, explains which indications led to the conclusion that her find of the primeval great ape Danuvius guggenmosi had an upright gait. (to dpa: “Udo“ discoverer Böhme: “I still want to understand a lot“) Photo: Sebastian Gollnow/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

タグ ドイツ

画像情報

登録日時
2020/10/15 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
DPA

データサイズ

画像サイズ
3870×5817 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
64.4(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ