天上寺本堂など大半を焼失
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

51年内地 694 天上寺本堂など大半を焼失  本堂などほとんどの建物が焼け落ちた真言宗仞利天上寺(とうりてんじょうじ)。本堂、大乗院、摩耶夫人堂など9棟約1150平方メートルと付近の山林5アールを焼いた。弘法大師が釈迦の聖母摩耶夫人像を納めたところから摩耶山仞利天上寺と言われるようになった=1976(昭和51)年1月31日午前10時、神戸市灘区の摩耶山上で共同通信社ヘリから

タグ うりてんじょうじ てんじょうじ 仞利天上寺 利天上寺 天上寺本堂 弘法大師 摩耶夫人 摩耶山仞 摩耶山仞利 真言宗仞 真言宗仞利 神戸市灘区 聖母摩耶夫人

画像情報

登録日時
2013/06/13 11:54:52
種別
画像 / 報道
提供元

データサイズ

画像サイズ
2894×2201 pixel
解像度
350 dpi
展開サイズ※
6.0(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ