関東大震災と東京の復興
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

関東大震災と東京の復興 ニコライ堂と聖橋  1930(昭和5)年3月2日、帝都復興祭を前にしたニコライ堂(左奥)と聖橋(手前)。ニコライ堂は前年12月、岡田信一郎の設計で修復が成り、美しい姿が復活した。復興橋梁として新設の聖橋は、山田守の設計による鉄筋コンクリートのアーチ橋で、昭和2年に完成した。(日本電報通信社撮影) DJ1202

タグ アーチ橋 ニコライ堂 岡田信一郎 帝都復興 復興橋梁 鉄筋コンクリート 関東大震災

画像情報

登録日時
2012/03/26 13:05:49
種別
画像 / 報道
提供元

データサイズ

画像サイズ
1800×2361 pixel
解像度
350 dpi
展開サイズ※
4.0(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ