最高裁新庁舎が完成
拡大画像はログイン後にご覧いただけます
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。 料金はコンテンツにより異なります。

資料 89086 最高裁新庁舎が完成  完成した最高裁判所新庁舎。御影石をふんだんに使った中世の“石の城”を思わせる新庁舎は、建築家岡田新一氏の設計によるもの。敷地約3万7千平方メートル、建物延べ面積4万7千平方メートルで、法廷棟、裁判官棟、図書館棟、事務棟の4ブロックに分かれている=1974(昭和49)年4月27日、東京・隼町で共同通信社ヘリから(49年内地 2613)

タグ ブロック 岡田新一 延べ面積 建物延べ 建物延べ面積 建築家岡田新一 最高裁判所 東京隼町

画像情報

登録日時
2011/11/14 17:17:18
種別
画像 / 報道
提供元

データサイズ

画像サイズ
2036×2894 pixel
解像度
350 dpi
展開サイズ※
5.6(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ