日本電報通信社資料
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

日本電報通信社資料    関東大震災で崩壊し再建された神田ニコライ堂の鐘楼に取り付けられた鐘。大小6個の取り付けが終わり明6日から再び山手一円で清らかな響きを聞くことができることになった=1929(昭和4)年4月5日(日本電報通信社撮影) SK4-133

タグ ニコライ堂 取り付け 山手一円 神田ニコライ堂 関東大震災

画像情報

登録日時
2011/04/13 15:13:33
種別
画像 / 報道
提供元

データサイズ

画像サイズ
2646×1854 pixel
解像度
320 dpi
展開サイズ※
4.6(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ