焼け野原となった東京の下町
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

昭和_515-B 焼け野原となった東京の下町  空襲で一面焼け野原となった東京の下町。画面を横切る川は隅田川で左が上流、右が河口側、橋は新大橋。隅田川の手前側は日本橋区(現中央区)、対岸は左側が本所区(現墨田区)と右側は深川区(現江東区)。中央の大きい建物は久松小学校、その右は久松警察署。その上方、通りの向こう側の大きい建物は明治座。明治座と新大橋の間の区画は浜町公園(昭和20年8月末から9月初頭までの間のいずれか)

タグ 一面焼け野原 久松小学校 久松警察署 日本橋区 浜町公園 焼け野原

画像情報

登録日時
2009/01/09 12:30:52
種別
画像 / 報道
提供元

データサイズ

画像サイズ
1389×1984 pixel
解像度
240 dpi
展開サイズ※
2.6(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ