2千7百トンが毎秒1ミリ移動
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「カラー」  2千7百トンが毎秒1ミリ移動  8本のレールの上をそろりそろり動いているのは、旧鹿児島県庁舎の玄関部分。1925(大正14)年に建てられたネオ・ルネサンス様式を基調とした3階建てで、重さ約2700トン。秒速1ミリはカタツムリよりゆっくりだ。旧庁舎の大部分は新庁舎移転に伴い解体されたが、玄関部分は再利用・保存が決定、約2カ月かけて、116メートル先に移動される=12日午後、鹿児島市山下町

タグ カタツムリ ネオルネサンス様式 ルネサンス様式 再利用保存 庁舎移転 玄関部分 鹿児島市山下町 鹿児島県庁舎

画像情報

登録日時
2000/05/13 16:44:00
種別
画像 / 報道
提供元

データサイズ

画像サイズ
1940×1864 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
10.3(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ