中学生自殺作文訴訟で判決
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「カラー」  中学生自殺作文訴訟で判決  判決を受け、記者会見する自殺した中学生の父親で原告の前田功さん=9日午後、東京・霞が関の弁護士会館(東京都町田市立つくし野中学校に通学していた二女の自殺をめぐり、父親の会社員前田功さん(52)が同市個人情報保護条例に基づき、市教育委員長に、学校側が二女の同級生らに書かせた作文の開示を求めた訴訟で、東京地裁は九日、前田さんの訴えを退ける判決を言い渡した、つくし野中2年だった前田さんの二女は91年9月1日、JR横浜線で鉄道自殺。前田さんは同級生の話などから、いじめが自殺の原因として、学校側に調査を依頼した)

タグ JR横浜線 つくし野 中学生自殺 中学生自殺作文 会社員前田 会社員前田功 作文訴訟 個人情報保護条例 同市個人情報保護条例 市教育委員長 弁護士会 教育委員長 東京地裁 東京都町田市立つくし野中学校 東京霞が関 町田市立つくし野中学校 自殺作文 自殺作文訴訟 鉄道自殺

画像情報

登録日時
1997/05/09 19:39:00
種別
画像 / 報道
提供元

データサイズ

画像サイズ
1713×1864 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
9.1(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ