商品コード:2017080100221 この画像は資料画像です。

宿場町
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「長崎大学附属図書館」「古写真」 宿場町  宿場(宿駅)の起源は、大化の改新の駅制にまで溯る。江戸時代に顕著な発達を見せ、東海道五十三次、中山道六十七次のような宿場町が各地にできた。幕府の公用に供するため一定数の人馬が用意され、また一般旅行者の便宜を図るため交通労働者も集まった。宿泊・休憩のため、様々な宿所や茶店が設けられた。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号13‐21‐0]

タグ 街道 集落 地方 一般旅行 交通労働者 図書館所蔵 大化の改新 宿泊休憩 整理番号 東海道五十三次 江戸時代 長崎大学 長崎大学附属 長崎大学附属図書館 附属図書館 附属図書館所蔵

画像情報

登録日時
1900/12/31 00:00:00
種別
画像 / 資料
提供元
長崎大学附属図書館

データサイズ

画像サイズ
2048×3072 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
18.0(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ