商品コード:2017080201549 この画像は資料画像です。

下駄職人
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「長崎大学附属図書館」「古写真」 下駄職人  下駄の歴史は古く、遠く弥生の時代にまで溯る。しかし、下駄が一般化してくるのは、江戸時代である。将軍吉宗の頃、三枚歯の下駄が現れ遊女の履き物となった他、朱塗りのぽっくり下駄が若い女性の人気を得、下駄は重要なファッション用品となった。和服が主流を占めていた時代、下駄職人の店には多彩な下駄が並んでいた。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号15‐5‐0]

タグ 職人 ぽっくり下駄 ファッション ファッション用品 下駄職人 図書館所蔵 将軍吉宗 整理番号 江戸時代 長崎大学 長崎大学附属 長崎大学附属図書館 附属図書館 附属図書館所蔵

画像情報

登録日時
1900/12/31 00:00:00
種別
画像 / 資料
提供元
長崎大学附属図書館

データサイズ

画像サイズ
2048×3072 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
18.0(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ