商品コード:2017081501816 この画像は資料画像です。

牛の田起こし
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「長崎大学附属図書館」「古写真」 牛の田起こし  宇治の水田にて農夫が黒毛牛を操り農地を耕している。牛の背中に結わえた縄と鋤が結び付けられ、牛が鋤を引っ張ると水田が耕されていく。背後には大きな土蔵が建ち、その横に屋根付きの筵で囲われた小屋が仮設され、天秤棒を担いだ農夫が荷を運んでいる。仮設の小屋には稲の苗が保管されているのであろうか。1904年イギリス人写真家H・G・ポンティングの撮影か。=1904(明治37)年、宇治、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号97‐24‐0]

タグ 稲作 暮らし 男性 HGポンティング イギリス人 イギリス人写真家 イギリス人写真家HG ポンティング 写真家HG 写真家HGポンティング 図書館所蔵 整理番号 長崎大学 長崎大学附属 長崎大学附属図書館 附属図書館 附属図書館所蔵

画像情報

登録日時
1904/12/31 00:00:00
種別
画像 / 資料
提供元
長崎大学附属図書館

データサイズ

画像サイズ
2048×3072 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
18.0(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ