商品コード:2017081600934 この画像は資料画像です。

工部省長崎造船局の台風被害
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「長崎大学附属図書館」「古写真」 工部省長崎造船局の台風被害  明治7年(1874)8月20日の書き込みがある。安政4年(1857)に幕府直営の艦船修理工場としてスタートしたときの、二本の煙突のある鍛冶場とボイラー室の煉瓦造の建物が残り、同じく煉瓦造りで、日本で最初に鉄製のトラスの小屋組を採用した轆轤(ろくろ)盤細工所も破壊を免れた。左上の丘に見える洋館は明治7年(1874)4月に落成したお雇い外国人宿舎である。その右の岬の向こうには丸尾海岸の海軍埋め立て地の建物が見える。=1874(明治7)年頃、長崎、撮影者:上野彦馬?、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号118‐17‐0]

タグ スタート ボイラー 上野彦馬 丸尾海岸 修理工場 台風被害 同じく煉瓦 図書館所蔵 埋め立て 外国人宿舎 工部省長崎 工部省長崎造船 幕府直営 整理番号 書き込み 海軍埋め立て 盤細工所 艦船修理 艦船修理工場 長崎大学 長崎大学附属 長崎大学附属図書館 長崎造船 附属図書館 附属図書館所蔵

画像情報

登録日時
1900/12/31 00:00:00
種別
画像 / 資料
提供元
長崎大学

データサイズ

画像サイズ
5922×7559 pixel
解像度
600 dpi
展開サイズ※
128.0(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ