商品コード:2017081601605 この画像は資料画像です。

長崎のパノラマ
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「長崎大学附属図書館」「古写真」 長崎のパノラマ  慶応元(1865)年頃、東山手の丘から長崎市街と精得館を遠望した写真です。右側の丘の白い2棟は文久元(1861)年に建てられた養生所(病院)、その左の建物は同時に併設された医学所(学校)です。さらに左の大きな建物は、物理化学を教えるために建てられた分析究理所です。これらは慶応元(1865)年に統合され精得館と改称されます。日本における近代医学教育と病院の始まりであり、長崎大学医学部のルーツでもあります。その左には正覚寺の屋根も見えます。右下の家並みは消失する前の唐人屋敷の建物群です。よく見るとお堂や飾りが見えます。=1865年、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号124‐351‐0]

タグ パノラマ 分析究理 医学教育 唐人屋敷 図書館所蔵 整理番号 物理化学 近代医学教育 長崎大学 長崎大学医学部 長崎大学附属 長崎大学附属図書館 附属図書館 附属図書館所蔵

画像情報

登録日時
1900/12/31 00:00:00
種別
画像 / 資料
提供元
長崎大学

データサイズ

画像サイズ
2299×2834 pixel
解像度
600 dpi
展開サイズ※
18.6(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ