商品コード:2017082200885 この画像は資料画像です。

中山道塩尻峠からの諏訪湖
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

中山道塩尻峠からの諏訪湖  塩尻峠は塩嶺とも呼ばれ、標高約1000m。眼下には周辺の町並みと諏訪湖が、左手遠くには八ヶ岳や霧ヶ峰が望まれる。晴天の日には正面奧に富士山の姿も見えるはずである。=撮影年月日不明、長野、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号38‐36‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

タグ 眺望 街道 中山道塩尻峠 図書館所蔵 整理番号 日下部金 日下部金兵衛 長崎大学 長崎大学附属 長崎大学附属図書館 附属図書館 附属図書館所蔵

画像情報

登録日時
1900/12/31 00:00:00
種別
画像 / 資料
提供元
長崎大学附属図書館

データサイズ

画像サイズ
2048×3072 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
18.0(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ