中国ハルビンで氷の祭典 極寒の中、ライトアップ
本映像はログイン後にご覧いただけます

中国ハルビンで氷の祭典 極寒の中、ライトアップ 中国東北部の黒竜江省ハルビン市で5日夜、冬の風物詩「氷雪祭り」が始まった。氷点下15度前後の極寒の中、氷と雪でつくられた建物や像を7色の光でライトアップし、幻想的な世界を演出。国内外から訪れた多くの観光客を魅了した。氷が解け始める2月下旬ごろまで楽しめる。今年のテーマは「氷雪の冠上の真珠―ハルビン」。メイン会場では、中国の現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」の沿線国であるロシアやタイ、カザフスタンなどの建物や町並みを再現した巨大オブジェが数多く展示された。氷雪祭りは1985年に始まり、今年で34回目。長さ365メートルの滑り台などの体験型アトラクションを併設。期間中に氷上での結婚式や寒中水泳大会など多彩な関連イベントも開かれる。 <映像内容>氷雪の像やアイススケートを楽しむ人たちやインタビュー、夜のライトアップや花火、演奏など。昼の映像は日本時間午後3時15分から4時10分ごろ、夜の素材は同午後8時から9時にハルビン市で撮影。

タグ 中国 黒竜江省 ハルビン市 氷雪祭り 氷点下 オブジェ 雪像 氷像 ライトアップ アイススケート 花火 観光客 アトラクション イベント インタビュー カザフスタン シルクロード経済圏構想 ハルビン メイン会場 一帯一路 中国ハルビン 中国東北部 体験型アトラクション 冬の風物詩 国東北部 寒中水泳 寒中水泳大会 日本時間 関連イベント 黒竜江省ハルビン市

映像情報

撮影日
2018/01/05
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
04分51秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mov