「庖湯」で楽しむ故郷の味
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「庖湯」で楽しむ故郷の味  3日、漢中市内外から集まった1千余人が一斉に「庖湯(パオタン)」(屠殺・解体した豚の肉で作る鍋料理の一種)を味わった。中国陝西省漢中市を流れる漢江のほとりで3日、豊作を祈り、新年を祝う1千年以上続く伝統行事「庖湯会」が行われた。秦嶺山脈の南麓に位置する漢中市には、旧暦の12月になると、各家々が家畜の豚を屠殺・解体し、隣近所を招いてその肉を料理して食べる風習がある。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 庖湯 パオタン 故郷の味 伝統行事 中国陝西省 中国陝西省漢中市 屠殺解体 漢中市内 秦嶺山脈 陝西省漢中市

画像情報

登録日時
2018/02/03 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社2

データサイズ

画像サイズ
1819×3000 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
15.6(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ