双子パンダが乳離れ、自立への第一歩
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 双子パンダが乳離れ、自立への第一歩  28日、身体検査を受けてまもない双子のパンダ「親親」と「愛愛」に餌を与える広州市長隆野生動物世界の飼育員。中国広東省広州市の長隆野生動物世界(チャイムロングサファリパーク)で生まれた双子のパンダ「親親(チンチン)」と「愛愛(アイアイ)」は一ヶ月の離乳期を経て順調に成長し、体重がそれぞれ43キロと44キロになった。飼育員は、「乳離れはパンダの赤ちゃんが自立した生活を送るための第一歩だ。双子の兄弟パンダは現在、人工ミルクと竹を主食としているが、今まで通り順調に成長を続ければ、2歳くらいまでに完全に乳離れができるだろう」と説明している。(広州=新華社記者/劉大偉)=2018(平成30)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 双子パンダ 乳離れ パンダ 中国 動物 親親 愛愛 チンチン アイアイ サファリパーク チャイム チャイムロング チャイムロングサファリパーク ロングサファリパーク 中国広東省 中国広東省広州市 人工ミルク 兄弟パンダ 広州市長隆 広州市長隆野生動物 広東省広州市 赤ちゃん 身体検査 野生動物 野生動物世界 長隆野生動物 長隆野生動物世界

画像情報

登録日時
2018/03/28 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
2012×3000 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
17.2(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ