国がスバル本社立ち入り データ改ざんで幹部聴取
本映像はログイン後にご覧いただけます

国がスバル本社立ち入り データ改ざんで幹部聴取 国土交通省は16日、新車の燃費や排ガスの検査データを改ざんしていたSUBARU(スバル)本社(東京)を立ち入り検査した。国に提出した調査報告書について吉永泰之社長ら幹部から事情を聴き、事実関係や再発防止策の内容が適切かどうかを確認する。データ改ざんに先立って発覚した新車の無資格検査問題を含む一連の不正で、スバル本社への立ち入りは初めて。〈映像内容〉スバル本社の外観、国土交通省の担当者7人の本社入りの様子、撮影日:2018(平成30)年5月16日、撮影場所:東京都渋谷区

タグ 国土交通省 新車 燃費 排ガス 検査データ データ改ざん SUBARU スバル 立ち入り検査 調査報告書 再発防止 無資格検査 不正 本社 自動車メーカー 渋谷区 SUBARU スバル本社 スバル本社立ち入り 事実関係 吉永泰之 吉永泰之社長 幹部聴取 本社立ち入り 東京都渋谷区 立ち入り

映像情報

撮影日
2018/05/16
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
01分56秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mov