「数々の成果」が花開く「一帯一路」海外事業巡礼記
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「数々の成果」が花開く「一帯一路」海外事業巡礼記  2月1日、マレーシアのマラッカ(ムラカ)州の上空より空撮したマラッカ・ゲートウェイの埋め立て工事の様子。今年は「一帯一路(シルクロード経済ベルトと21世紀海上シルクロード)」国際協力サミットフォーラム開催から1周年を迎える。2017年5月、同フォーラムが北京で成功裏に開催されたことは、「一帯一路」構想の共同構築が理念から行動、計画から実施へと新たな段階に入ったことを示している。「一帯一路」構想が打ち出されてから5年にわたり、中国企業は海外へ次々と進出して国際市場を開拓し、多くのインフラプロジェクトを主宰・実施してきた。ケニアのモンバサ港とナイロビを結ぶ鉄道、ギリシャのピレウス港、中国・パキスタン経済回廊の2大道路といったプロジェクトは、全て秩序よく進められたか、すでに運営が始まっている。今では、「一帯一路」沿線に現れた「数々の成果」のうち、すでに着工している鉄道、道路、港湾、大橋および工業園区(パーク)などのインフラ整備プロジェクトでは、中国の知恵により大地が潤され、あでやかな花が咲き、活力に満ちあふれ、沿線諸国のインフラ環境の改善や同地の経済社会の発展促進に、積極的な役割を果たした。(マレーシア・マラッカ=新華社記者/劉彤)=2018(平成30)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ マレーシア マラッカ ムラカ 空撮 マラッカ・ゲートウェイ 埋め立て工事 ドローン 工事 したマラッカ したマラッカゲートウェイ インフラ インフラプロジェクト インフラ整備 インフラ整備プロジェクト インフラ環境 ギリシャ ゲートウェイ サミット サミットフォーラム サミットフォーラム開催 シルクロード シルクロード経済ベルト ナイロビ パキスタン パキスタン経済 パキスタン経済回廊 ピレウス港 フォーラム フォーラム開催 プロジェクト マラッカゲートウェイ マレーシアマラッカ モンバサ 一帯一路 中国パキスタン 中国パキスタン経済 中国企業 主宰実施 国際協力 国際協力サミット 国際協力サミットフォーラム 国際市場 埋め立て 整備プロジェクト 沿線諸国 海上シルクロード 海外事業 海外事業巡礼 発展促進 空撮した 空撮したマラッカ 経済回廊 経済社会

画像情報

登録日時
2018/02/01 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3000×4000 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
34.3(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ