開放的な青島「上海協力機構の声」に期待
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 開放的な青島「上海協力機構の声」に期待  4日、青島の観光名所、美しい「青島桟橋」。(ドローン撮影)青島は赤い屋根瓦、緑の木々、紺碧の海、青い空に彩られ、開放と協力を象徴する青島桟橋が、海に向かって手を伸ばすようにかかっている。上海協力機構(SCO)加盟国首脳理事会第18回会議がまもなく開催されるに伴い、青島には世界のまなざしが集まり、40年に及ぶ「開放のすばらしい日々」がはっきりと示されるだろう。青島は中国初の14カ所の沿岸開放都市の一つであり、開放政策をよりどころに「中国製造」の「青島モデル」の打ち出しから、全方位的な開放構造の構築まで、さらにはよりハイレベルな「国際化+」行動の実施まで、この北方の重要な港湾都市は、中国の絶え間ない開放拡大および輝かしい成果獲得の縮図となった。1カ月ほど前には、開放的な春の「潮流」がボアオで沸き起こっており、初夏の6月には「上海協力機構の声」が青島に鳴り響くことになるだろう。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 青島 上海協力機構 中国 青島桟橋 ドローン 空撮 まなざし ドローン撮影 中国製造 加盟国首脳 加盟国首脳理事会 成果獲得 打ち出し 沿岸開放 沿岸開放都市 港湾都市 観光名所 開放拡大 開放政策 開放構造 開放都市 青島モデル 首脳理事会

画像情報

登録日時
2018/05/04 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
2119×3178 pixel
解像度
240 dpi
展開サイズ※
19.2(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ